おすすめのお小遣い稼ぎ

お金を稼いだり、貯めたりということにはあまり興味はないのですが、お金をつくりだすことには興味があります。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、リサイクルショップに行って小銭稼ぎをするのがすき、ということです。

これは本当にお金がなかった学生時代からやっていることで、いらない漫画や本を売ったり、財布を売ったりと、とにかくお金に困ったとき、早急にお金がほしいときにリサイクルショップに駆け込んでいました。

もちろんさほどお金がもらえるわけではありません。基本は数百円。よくて1000円。ですが学生時代は数百円でももらえればうれしかったので、そのときの感覚が今でも残っているみたいです。

普通にバイトをしてお金をもらえるのもうれしいのですが、売りに行ってすぐに現金がもらえる感覚が個人的にすきなのかもしれません。

しかもリサイクルショップに持ち込めば捨てなくていいし、誰かほしい人が安く手に入れることもできる。さらにお店の人も商品を安く仕入れることができる。みんなにとって良いことづくしなのも好きなところです。

お金やものに執着しなくなったのもそこからかもしれないです。売りに行けば部屋もきれいになるおで本当にありがたいです。

プロミス審査土日

買い物するならネットショップ、でもその前に・・・

最近はインターネットで何でも買い物ができる時代になりました。ネット通過やクレジットカードを利用することで何でも購入できる便利なサービスなのですが、実は実質の原価を数割下げる方法というのがあるのです。

それがお小遣いサイトを経由してのネットショッピングです。お小遣いサイトは大体の場合、広告を掲載してそれらをユーザーが利用することで発生するマージンを収入源としているのですが、それらの一部を還元してくれるのです。

特に楽天などの大手ネットショッピングサイトなどが掲載されていた場合、その掲載広告から遷移して買い物をするだけで、買い物の総額の数%を現金に還元できるポイントで付与してくれるのです。つまり実際にかかっている物単価がより下がるということでもあります。

その他にもポイント機能の付いているクレジットカードで支払をするとポイントでの還元を受けることも出来ますので、そうした還元サービスを上手く利用していくことで数割もの実質値引きになることもあります。

ネットショッピングならではの割引や原価値引き、ポイント施策もありますので、それらをうまく利用した上で安く素早く、ほしい物を手に入れることができるのが広告利用の真髄なのです。

絶対おすすめな即日キャッシング無審査はこちら

ミスした年賀状、まさか捨てていませんか?

 年賀状を自宅のパソコンで作成するのが一般的になりましたが、実際にプリントをしてみたら上下を逆さに印刷してしまったり、メッセージを書き損じてしまった、という苦い経験をお持ちの方もけっこう多いはず…。そんなミスから発送されなかった年賀ハガキを、実は郵便局で別の商品と交換してくれるサービスをご存知でしたか。

 そうした年賀ハガキを郵便局に持ち込むのは、忙しいお正月が明けて少しゆっくりしてから持ち込むのがポイント。例年1月20日前後には「お年玉くじ」の当選結果が発表されますので、豪華賞品を夢見つつ、当選結果はしっかりと確認しておきたいところです。そのうえで残念なことにハズレてしまった未発送の年賀ハガキですが捨てるのではなく、ぜひ郵便局に持って行きましょう。

 年賀ハガキの交換手数料は1枚あたり5円です。誰に届けられるわけではなく、まったく使い道のない年賀ハガキなのですから、引き出しの中に寝かせておくのなんてもったいない話です。もっと使い道のある切手や普通ハガキに換えるなど、自分に合った商品に交換しましょう。郵便局の窓口の方も当然の業務として親切に対応してくれることがほとんどです。気軽に交換しにいきましょう。

このサイトをみればカードローン審査落ちは怖くない!

クレジットカードで支払う習慣について思うこと

私はいつもクレジットカードでショッピングの支払いを済ますので、ハッキリ言って現金を財布から出して使うことがほとんどと言っていいくらいありません。クレジットカードが使えるお店なら、ショッピングの金額が100円であろうがクレジットカードで支払っています。

クレジットカード自体は3枚持っているだけです。そんなに多くのクレジットカードを持っていても、これまたマイルとかクレジットカードポイントがそれぞれに分散されてしまってムダなことこの上ないので、クレジットカードはあえて持ちすぎないようにしています。今持っているクレジットカードは、年会費が無料プラスそれぞれなくてはならない役割があるので、必要に応じて使い分けをしています。

しかし、クレジットカードでショッピングの支払いをすることが当たり前になってしまうと、お金を支払っているという感覚が鈍くなってしまい、ついついショッピングをし過ぎてしまうことがあります。現金をその都度出して支払っていた頃の感覚とは明らかに違うのです。

だから、クレジットカード払いは便利でポイントも貯まるのでやめられないですが、ショッピングしすぎる点に注意が必要だとしみじみ感じています。ポイントが溜まる分、お金を支払っているということを忘れないようにしたいと思います。

http://xn--web-9l4bza8dtfw472bxi4bo7qhk0c.biz/

お金の苦労話や今後の付き合い方

お金。この言葉を意識したのは、いつなのか。記憶を辿ってみた。あれ、うちには、お金ない。と、思ったのが中学二年生の時だ。

それまでの人生。長女で、下の妹とも5つ離れている。その為、一人っ子状態で、欲しいものは、何でも買ってもらえた。親がダメ。と言おうものなら、泣きの一手で、欲しいものを手にいれてきたのだ。

それが、中学一年で、市営住宅から、一戸建てに、引っ越し、転校もしたのに、中学二年になったら、母親から、離婚をして長野の旅館で住み込みで働く。とか、一緒に家を出ようとか、それは、子供ながら、何事かと思っていたのだが、ようは、母親の借金でお金がなくなったのだ。

そして、すぐ、一戸建てを手放し、また転校。それ以降、借金とりからの電話や、私のバイト代、高校の卒業旅行のお金。就職して働いたお金。母親は、私が寝たすき、入浴中に、キャッシュカードを持ち出し、勝手に引き出し、お金を財布から抜く。

私は、二十歳そこそこで、お金に物凄く執着するようになったのだ。

そんな私は、結婚し、母親になり、子供達には、お金の心配はさせたくない。苦労させまい。と、日々節約、貯金魔になったのである。

幼稚園児がいる生活というのは、仕事をしたくても時間の制限があり、なかなか条件を満たすところはない。まだしばらくは、貯金と節約で細々お金を貯めるしかないみたいだ。

無職でもお金を借りる方法はあります!
実は無職の人でも安心してお金を借りる方法と言うのは存在します。最後まであきらめず、ぜひ実践して下さい!

http://xn--no1-g73b6mga0077cd3zg.net/

すき家の過剰労働について

この前ワイドショーを見ていてびっくりしたのですが、すき屋の過剰労働はひどすぎだと思います。あまりすき屋に行くことはないので気にしていなかったのですが、話を聞いてびっくりしました。
2週間家に帰れない人や、びっくりするくらいの労働時間数の人等。
はじめは、アルバイトなんだから割り切って帰ればいいし働いている側にも問題があるのでは?とか思っていましたが、1人でずっとお店をまかされているとのこと。
ワンオペといってワンオペレーション夜間はふつうみたいです。
驚いたのが女性のパートの人でも夜間1人で働いているみたいです。危ないし怖いと言っていましたしちょっと信じられないです。何かあってからでは遅いと思うし事件になる前に早く改善したほうがいいと思います。
あと、帰れなくなる理由も、本当は18時までのはずが新しく入ってきた新人が連絡もなにもなくこない時があり、そのまま続けて深夜まで働かないといけない。
一人で働かせるなんて過酷すぎるし、任せすぎだと思います。無責任です。
いくら値段が安くてもそんな背景があったらお客さんも減っていくと思うし、サービス業なのにサービスが悪くなって当然だと思います。
途切れずにお客さんがくるのでトイレに行く暇もないとおっしゃっていました。
ひどいです。

住宅ローンが返せなくったって大丈夫!
住宅ローン 自己破産
住宅ローンで自己破産を選択するなんて馬鹿げています!

http://xn--hekm0a443zu0mnndvv7coefhpy.xyz/

佐世保女子高生殺害事件について

『佐世保女子高生殺害事件』について私なりの考えを書きたいと思います。
まずこの事件の内容を簡単に整理したいと思います。事件があったのは2014年の7月26日。場所は長崎県にある佐世保市です。被疑者は市内の公立高校に通う15歳の女子生徒で、被害者は同じ高校に通っていた同級生の女子生徒です。
殺害方法は後頭部を鈍器で数回殴った後に、ひも状のもので首を絞めて殺害したというものです。
しかしこの事件が世間に大きな影響を与えることになったのは、 Read more

エボラ出血熱の蔓延について

エボラ出血熱の感染が拡大していることに、とても恐怖しています。私が知るこの病気は、潜伏期が短い上に致死率がとても高いことから、感染の拡大は難しい、というものでした。しかし、このウイルスは近年潜伏期が伸び、明らかに感染が広がりやすいような仕様になっているそうです。空気感染ではうつらないとのことですが、蚊が媒介することで日本にもエボラ出血熱が発生する可能性もあります。 Read more

佐世保の女子高生殺人事件

私が最近気になっているニュースは、佐世保で起きた、女子高生同士の殺人事件です。気になっている、というよりは、かなり衝撃的な事件で、印象に残っています。
まだ明らかになっていないこともあると思いますが、動機が解剖をしてみたかった、というのが信じられません。
ニュースなど報道では、父親が再婚することになり、加害者の女の子が父親をバットで殴り、一人暮らしをしていたと報じています。また、 Read more

理化学研究所 笹井氏自殺について

私はこの日、外出していてニュースをしったのが夕方頃でした。私が第一報を見たとき、とてもびっくりしました。問題が発覚してから1度会見を開いたときに、「私は関係ありません」というような趣旨説明をしていたのを覚えています。あの会見が笹井さんを追い込むきっかけになってしまったように思います。私の言い方に問題があるかもしませんが、あのときは世間が小保方さんに擁護する風潮でした。 Read more

佐世保・高校生殺害事件について

高校生が同級生を殺害し、さらに遺体を解体していたというニュースは単純にとてもショッキングでした。しかも、加害者は被害者のことを仲の良い友達だと認めていて、これといった恨みが無いというところが本当に恐ろしいと思います。人間の体や「死」に対して異常な興味があったとしても、自分と親しい人をその対象に選ぶというのはこの事件の本当に常軌を逸している点だと感じています。
加害者は自分の実の両親にも殺意を持っていたことや、 Read more

弘前ねぷたの男性死亡事故について

青森県の夏祭りといえば、青森市ねぶた祭りが有名でしょう。
今年もたくさんの観光客の方が、北国の短い夏を楽しみにいらしたようです。
実は青森県には青森市の他にも、夏祭りがあります。
最近では、五所川原市の立ちねぶたが知名度を上げています。
他にも市町村単位で、たくさんの夏祭りがあるのですが、
その中でも歴史の深いものに、弘前市のねぷた祭りがあります。
弘前市のねぷたは扇ねぷたと呼ばれるもので、
人形型のねぶたではなく、扇型の骨組みに鏡絵を描いた紙を貼って作られます。
古くからの歴史がある祭りで、 Read more

タイでの代理母による障碍児出産のニュースを見て思うこと

私が現在第二子を妊娠中なことから、代理母問題のニュースに興味を持ちました。代理母が出産した障碍児の引き取りを依頼者が拒否したとの内容に、代理母制度は倫理的に認められるべきではないと思いました。
事件は、オーストラリア人夫婦がタイ人女性に代理母になることを依頼したことに発端します。タイ人女性は120万程度で出産を引き受けましたが、 Read more

犯罪の低年齢化について

佐世保市高校生殺害事件、かなり衝撃的でした。高校生の女の子が同級生をあんなに酷い殺し方をしたのが一番衝撃的でしたが加害者の父親にもびっくりしました。
実母が亡くなって一年もしないうちに再婚しているのは前々から浮気をしていたと思われていても仕方がないのでは?ネットではそう言っている方が多いですが私もそう思います。父親のことは尊敬している、 Read more

広島の原爆記念日のニュースについて

広島の原爆念日のニュースを見ました。最近は放映される時間もわずかになっているような気がします。若い子達にインタビューをしていて広島、長崎の原爆投下の日を知らないどころか原爆が投下されたことすら知らない子達がいてびっくりしました。終戦記念日も知らなくてどうなっているのだろうと思いました。自分の子供に聞いたらちゃんと知っていてほっとしました。「学校で習うから知らないってことはないと思う。」 Read more

同級生を殺害、解剖した事件に関して

この殺してしまった方の女子生徒はたくさん助けを求めていたんだと思います。
児童相談所の方々も「人を殺す恐れがある」時点で手を差し伸べるべきだったと思います。
もし自分が信用信頼していた母をなくしたら同じくらいのショックをうけるでしょう。また、父がほかの女性と再婚するとなると…今回のこの女子生徒のように寛容にゆるすことができないかもしれません。 Read more